ペニス増大

ペニス増大手術のデメリット|手術をするのは勇気がいる

MENU

ペニス増大について考える

 

ペニス増大方法は、器具による増大、手術、サプリメントによる増大があります。残念なことに手術というのは100%成功ではありません。

 

 

あまりペニス増大手術の事故については知られていないので、そのことを調べてみることにしました。

 

 

ペニス増大手術は怖い?

ペニス増大

 

人によっては2〜5pのペニスの増大が見込めるという長径手術は体内に埋もれているペニスをひきだすというものです。一度の手術で効果は永久的にあるのですが、もちろんデメリットもあるんです。

 

長径手術のデメリット

費用が高額

 

費用は、健康保険適用外なので高額になります。5pの増大が必ず見込めるのならいいのですが、2pしか大きくならないこともあります。数十万かかる為に、簡単には踏み込めません。

後遺症の危険

 

あまり知られていない後遺症ですが、ペニスがつっぱる、EDになる可能性がある、神経を傷つけてしまう可能性がある。勃起の角度が下がるなどがあります。ペニスを支えている靭帯を引っ張り出すので、こういった後遺症が起こる可能性もあるのです。

手術後が大変

 

手術の後4週間は自慰もセックスも控える必要があります。入浴やシャワーの制限もあります。また1週間くらいは腫れる可能性もあり、激しい運動も控えなければなりません。

 

長径手術にはこのようなデメリットもあります。

 

手軽にペニス増大させるには

ペニス増大

 

手軽にペニスを増大させるにはペニス増大サプリでしょう。手術のようなこともおこらず、手術のように膨大な費用もかかりません。それに飲むだけで手軽なので痛みもない。

 

 

もしも体に合わないな、効果がないなと感じれば服用をやめればいいのです。こんな感じで気軽に飲めるのがサプリの魅力ですね。

 

 

ペニス増大サプリも数多く販売されているので、効果のあるものをよく見極めて購入してくださいね。

 

 

更新履歴